SmartLend 2019年3月期決算

こんにちは!SmartLendの運営事務局です。

 

今年もSmartLendの決算が終わり、下記へ掲載させて頂きました。
https://www.smartlend.jp/company/Ir

投資家の皆様のご支援のもと、無事に3年目を終えることができ、今期は期首から一定の融資残高を維持できたことから、安定した売り上げを計上することができました。PLではまだ若干のマイナスですが、既に支払いを終えているシステム関連費用の減価償却費を差し引くと、キャッシュフローではプラスとなっております。

新規事業ですので、初期投資にかかる費用や一定の成長も必要であり、PLを含めた完全な黒字化までにはもう少し時間を要しますが、これまでのところ計画通りにきております。
引き続きローコスト運営に努め、堅実経営を実施して参りたく存じます。

また、融資先の各事業が順調であり、今後の成長も見込まれることから、本年は融資規模を増やしていきたいと考えているほか、規模が小さいながらも新たな案件に取り組むことも考えております。

いずれにしましても、安全性を最優先に、皆様の投資機会を増やせるよう努めて参りたく存じます。

引き続きSmartLendへのご支援を宜しくお願い致します。

 

☆投資資金のお振込み先が変更になっております!

新たな投資資金をご入金の際は、マイページにログインし、画面左側にある「投資資金振込先」をご確認の上お手続きをお願いします。
投資資金の振込先は、投資家の皆様一人ひとりに違う口座番号が振られております(分別管理用銀行預金口座に紐づくバーチャル口座)。

既にサイト等ではご案内してまいりましたが、6月28日(金)付けで、これまでSmartLendが管理させて頂いておりました分別管理用銀行預金口座を、第二種金融商品取引業者であるmaneoマーケット株式会社へ移管しております。

移管の理由としては、投資家の皆様が預託する資金の本来的な位置づけは、(再)投資を行うための一時的な保管であることから、第二種金融商品取引業者のmaneoマーケット社が管理することが適切であるとの関係各所の見解に基づくものです。
詳細は6月13日の下記お知らせをご覧ください。
(https://www.smartlend.jp/information/news?id=678)

何卒ご理解を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

短期事業資金支援型ローンファンド 満額成立の御礼

 こんにちは!スマートレンド運営事務局です。

 先日、4月12日より募集を開始しました短期事業資金支援型ローンファンド(2019GW特別ファンド(https://www.smartlend.jp/fund/detail?fund_id=584))が、投資家の皆様のご支援を頂き、一日で満額成立することができました。

 今回は、融資先の成長に伴い募集規模が増加したこと、合わせて、より多くの方にこのファンドの存在を知って頂きたいという想いもあり、maneoでのセレクトファンドも実施して頂き、そちらにおいても満額成立することができました。

 ご投資を頂きました投資家の皆様、誠にありがとうございます!!

 本短期事業資金支援型ローンファンドは年2回実施しておりますが、2016年4月にスマートレンドがサービスを開始したときの第1号ファンドでございました。
 それから3年が経過しましたが、お陰様で今回を含め7回実施させて頂き、そのすべてにおいて満額成立することができております。

 極めて短期の資金ニーズで、更にそのスキームは安全に配慮されており、SmartLendとして毎回自信をもって募集をさせて頂いております。

 融資先の事業者においても、このファイナンスがあるお陰で営業を推進することができ、投資家の皆様のご支援が事業の成長に大きく寄与しているところでございます。

 今後とも皆様のご支援が得られるよう、誠実に取り組んで参りたく存じます。

 引き続きSmartLendをよろしくお願い致します。

貸金業登録を更新しました!

こんにちは。スマートレンド運営事務局です。

貸金業登録の更新を1月末に無事完了することができました。

貸金業登録の更新は3年に一度です。当社は貸金業登録を行ってから2016年4月18日にサービスを開始致しましたので、この4月で3年が経過することになります。

この間、ソーシャルレンディング事業者も増え、同時に様々な問題も起きておりますが、当社はこれまで遅延を一切出すことなく運営してくることができました。

ご支援を頂きました投資家の皆様には心から感謝申し上げます。

引き続き投資家様の利益を第一に考えながら、法令を遵守して運営して参りたく存じます。

今後ともSmartLendを宜しくお願い致します!

f:id:SL_Staff:20190308155128j:plain

(新元号に変わり次第、貸金業者登録票のプレートを買い替え予定です。プレートもいいお値段なので、それまではガマンガマン!)

 

 

香港視察報告

こんにちは!

スマートレンド運営事務局です。

今年も融資先の香港消費者金融事業を運営する事業者Cへ視察に行ってきました!
毎月細かな実績の共有を受けておりますが、今回は実際に現地へ行き運営状況の確認を行ってきた次第です。

結論から申しますと、取得している情報と、運営の実態には問題なく、引き続き健全かつ安定した運営がされておりました。
むしろ、年々雰囲気が良くなっており、今年の成長計画には非常に期待が持てると感じました。また、新オフィスへ移転し内装がリニューアルされたこと、スペースが大幅に拡大したことなどもあり、社内はとても明るく、昨年に増して活気を感じました。

f:id:SL_Staff:20190220175133j:plain f:id:SL_Staff:20190220175209j:plain
(事業者Cのオフィス。すりガラスの向こうにもオフィスが続きます。広くなりました!)

 事業者Cを対象としたローンファンドは、2月から昨年も実施した運用期間が長めのもの(12ヶ月~18ヶ月)を募集しています。期間を長くご投資頂ける方々には、できるだけ良い配当金利が設定できるのも、運営が健全で高収益体制が維持、継続できているからです。
一方で、昨年実施時よりも、今年の配当金利は、1%下げて募集させて頂いております。これまで事業者Cには約3年間継続的に融資を行い、その間一度の遅延もありませんでした。それを鑑み、事業者Cとの協議の上SmartLendから事業者Cへの融資金利を同率下げたことから、投資家の皆様への配当金利も同率下げさせて頂いた次第です。
今後も継続して融資を行っていく計画ですが、実績を考慮して融資金利を考えて行きたいと思いますので、将来においては投資家様への配当金利を少し下げさせていただく可能性があります。

現在、香港は旧正月明けで、日本でいうところのお正月期間です。飾りも街には残っており、人出も多く賑やかでした。 

f:id:SL_Staff:20190220175302j:plain f:id:SL_Staff:20190220175241j:plain

ちょっと気になったのが、至るところにある豚のオブジェ。
気になったので事業者Cの方に聞くと、「今年は豚年だから」と。豚年!?
そこで調べてみると、干支はアジアの多くの国にある文化ですが、国によって登場する動物に若干の違いがあるとか。ただし、猪が登場するのは日本だけ。
どうも日本に干支が伝わった際に、日本では豚が全くポピュラーではなく、猪に置き換えられたといわれているようです。
(※諸説ある?のですかね。笑) 

視察させていただいた日の夜は、事業者C全社員でのパーティーがあり、ご招待を受けたので参加してきました。
香港では、旧正月明けに企業で決起集会のようなパーティーを開催することが多いそうです。
みなさん明るくて元気!とても楽しかったです。社内の雰囲気の良さがとてもよくわかりました。

話は反れてしまいましたが、融資先が健全で安定した運営がされており、社内の雰囲気も昨年に増して良く、結束感があり、とても安心できました。

引き続き事業者Cの成長に投資家の皆様のお力添えを宜しくお願い致します!

早期償還について

こんにちは!スマートレンド運営事務局です。

今回は、本日(1月31日)、繰上げ返済が行われた「【クレジット債権担保付き】事業支援型ローンファンド(https://www.smartlend.jp/fund/detail?fund_id=478)」に関して、補足説明させて頂こうと思います。

本ローンファンドは、クレジットカード事業を営む事業者Iへの融資を行うもので、これまで100本以上のファンドを組成し、約5億円の融資を継続的に行って来ました。そしてこの度、事業者Iにて、このSmartLendからの融資分のほぼ全額について、金融機関からの資金調達(借り換え)が行われたため、繰上げ返済となり、投資家の皆様に早期償還をさせて頂くこととなった次第です。分配日は2月12日となります。

事業者Iは、金融機関からの資金調達と、ソーシャルレンディングでの調達をMIXして、その事業を成長させてきました。今回の金融機関からの資金調達は、その実績が認められ、借り換え融資が行われることになりました。

借り換え融資で調達した資金は5億円を超えていますが、事業者Iでは過去に一度に5億円を超える融資を金融機関から受けた実績はなく、今回の借り換え融資による調達は、事業者Iの金融機関からの信用度が高まってきている証、と見ております。

f:id:SL_Staff:20190131101225j:plain

今回は、一旦スマートレンドから調達していた資金のほぼ全額が早期償還となりますが、事業者Iは成長中のため、引き続きソーシャルレンディングでの資金調達を再開する予定であると聞いています。

SmartLendとしても、事業者Iの成長の機会に貢献すべく、しっかりと与信・モニタリングしながら、募集の再開を行いたいと考えております。

f:id:SL_Staff:20190131101239j:plain

企業の成長資金をソーシャルレンディングにより調達し、ある程度まとまった額になったら金利的な条件の良い金融機関からの調達に切り替えていき、更なる成長資金をソーシャルレンディングで調達するという事業者Iの調達手法はとても先進的であり、まさに新たな金融サービスが登場したからこそできることで、ソーシャルレンディングの価値ある利用方法だと思います。

私たちは、引き続きソーシャルレンディングが、資金需要者である企業の成長の機会に貢献するとともに、資金供給者である投資家の皆様へ安定したリターンを提供し、WinWinの関係を継続させるものであるよう、一事業者として努めて参りたく存じます。

引き続きSmartLendを宜しくお願い致します。

 

ご心配をお掛けしております。

SmartLend運営事務局です。

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。 

弊社にてご投資を頂いている方、ご投資を検討されている方から、「SmartLendのファンドは大丈夫ですか?」との問い合わせがあります。 そこで、短い内容となりますが、一度ブログに記載させていただこうと思いました。 

今、maneoマーケット様が提携されている多数の事業者様において、延滞が発生しており、同じくmaneoマーケットと提携する弊社においても、同様の事態が発生することを危惧している方も多いと存じます。 

弊社のファンドにおいては、これまで遅延は発生しておりません。また、定期的なモニタリングを行っておりますが、融資先の運営状況に問題は見受けられず、遅延となる兆候もございません。

投資ですので、絶対に大丈夫ですとはどんな会社でも言えませんが、あらためて上記について共有させていただきたく存じます。  

私たちはソーシャルレンディングが、投資家様の利益を生み、融資を受ける企業の成長を支え、経済の発展に大きく貢献すると信じております。 

引き続きSmartLendを宜しくお願い致します。

2019年 新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

平成28年4月にサービスをスタートし、多くの投資家の皆様のご支援を賜り、お陰様で3度目の新年を迎えることができました。

投資家の皆様には、あらためまして心から御礼申し上げます。

ソーシャルレンディングの業界では不動産に関連した案件が多い中、弊社は、主に小口分散された金融事業に対する融資へ特化し、これまで約69億円のローンファンドを成立させ、資金を必要としている企業へ融資をしてまいりました。

昨年は登録投資家数も大幅に増え、分散投資の選択肢の一つとして、ご選択いただけたのかと考えております。

また、他社様と比較して弊社のローンファンドは高配当とはいえませんが、安心・安全を最優先とし、現時点でデフォルトはもちろん、利払いの遅延なども一切なく、安定的な運営を行うことができました。

一方で、昨年はソーシャルレンディング業界において、延滞となる案件が多く出始め、また、監督官庁からの改善命令も出るなど、投資家の皆様に不安を与える出来事が多く発生しました。

新しいサービスであるソーシャルレンディングの市場が拡大する中で、投資家数も増加し、より責任が増してきていると考えております。

我々は、業界の健全な成長と投資家の皆様の信頼獲得・回復のために、地道な努力を重ね、日々精進して参る所存です。また、本年は情報発信にも努めていきたいと考えております。

引き続き、資金供給者には安定したリターンを、資金需要者にはより成長する機会を提供し、WinWinの関係の構築に尽力して参ります。

今後ともSmartLend株式会社を宜しくお願い申し上げます。

 

2019年1月
SmartLend株式会社
代表取締役 髙井 幸男