融資先の事業性と担保に関すること

 こんにちは!スマートレンド運営事務局です。

 最近投資家の方からご質問があったこともあり、当社の特徴などをあらためて説明しておきたいと感じましたので、ブログを更新させて頂きます。

 当社は、一般の消費者に対する融資や、クレジット代金などの小口債権を扱う企業への融資を主な案件としています。

 他に大型連休時期の特別ファンドなどもありますが、基本的に毎月継続して募集している案件は、小口債権を取り扱う企業への小口債権担保付き融資となります。

 

 それは何故か。

 

 当社は、それが事業の安定性が高く、仮に延滞が発生した場合でも回収の可能性が高いと考えているからです。

  理由はいくつかありますが、本日は主要な下記2点について記載したいと思います。

  一つ目には、小口債権を扱う会社の事業は、その収益を生む資産が、非常に細かく分散されていることです。一部の方の支払いが遅れても、大多数の方々は遅れることなく支払いがあり、その利息収入で収益を補うことが可能となるため、一旦軌道に乗ると、安定した収益を生み続ける特徴があります。更に、数年の運営実績がある場合は、事業の安定性をしっかり確認した上で融資を行うことが可能となります。

 二つ目には、小口債権担保の特性です。非常にシンプルで回収の可能性が高いと考えているからです。不動産担保と比較すると分かって頂けると思います。

 一般論として、不動産担保の場合は、仮に延滞が発生した場合、担保に取っていた不動産を売却することになるかと思いますが、そもそもその評価にはいくつかの手法があり、想定したときよりも市場価値が大きく下がってしまったとか、収益が出る見込みがあって物件の価値を評価していたが、後に想定どおりの収益が上がらず、売却時に価値が下がってしまったということがあります。また、売却までに価格が見合わず、多くの時間が必要となることもあります。一定の掛け目を見て担保が設定されるのも、そのような理由からだと考えられます。

 一方で、小口債権の担保は、お金がそのまま商品になっていますので、担保物の価値が大きく変動しにくい特性があります。そのため、仮に延滞が発生した場合は、担保を実行し、価値を損なわずに、小口債権を売却するか、自ら回収するかを選択できるという特徴があります。

 小口債権のリスクは、個々の債権の貸し倒れです。但し、すでに一つ目の理由で述べたとおり、貸倒は小口に分散されている担保債権から一定率発生しますが、債権が生む利息収入が貸倒れの額を上回るため、想定より回収できない可能性は低いと考えられます。また、更に安全性を高めるために、融資額を上回る金額の小口債権を担保に取ります。これにより、売却する場合でも自ら回収する場合でも、融資額を上回る回収の可能性を高めることが可能になります。

  このような視点から、私たちとしては、小口債権を取り扱う企業に対して、その小口債権を担保に取って行う融資は保全性が高く、安定した融資を継続できると見ているのです。

 引き続きSmartLendをよろしくお願い致します。

香港行ってきました!

 こんにちは!スマートレンドスタッフのFです。

 先日香港へ融資先の視察に行ってきました。
視察したのは、スマートレンドでオープン当初から実施している「海外(香港)事業支援型ローンファンド」の融資先である事業者Cです。 

 視察の目的は、業績やオペレーションの状況などを、直接目で確認してくることです。
結論、マネジメントメンバーや現地スタッフから現状のヒヤリング、オペレーションの流れの説明などを受け、引き続き堅実な運営がなされていることが確認できました。

 今年は将来を見据えた与信スコアリングの改定や、効率化のための様々な業務整理に着手されているそうです。 オンライン専業の小口金融の領域では一定のシェアを確保しており、融資残高が短期間で大きく増加することはなく、若干の増減を繰り返しながら緩やかに成長するとのことです。

 現在50名を超える現地スタッフがおり、とても忙しそうに業務をこなされておりました。

f:id:SL_Staff:20180129111041j:plain

(オフィスの一部です。皆様お忙しいところすいません!)

 オフィスが手狭になったことから、近々にもう少し広いオフィスへの移転を予定しているそうです。うらやましい限りです。

 また、香港の若者は総じて日本のことが好きな人が多く、スタッフにも日本は人気とのこと。そのため勤続年数に応じて日本への招待旅行があり、それを楽しみに勤務しているスタッフも多くいるそうで、とても雰囲気がよく活気がありました。

 この事業者Cを対象としたローンファンドは、これまで6ヶ月ものをメインに約2年間実施してきました。この間、遅れは一切なく、全て期限どおりに償還されてきました。

 マネジメントのお一人からは、これまでの実績をベースに企業運営の安定のため、中長期の資金調達にもチャレンジしたいとの意向もありました。パフォーマンスは引き続き高収益構造で安定しているので、それなりの金利を出していきたいとのことです。

 是非進めたいと思います!

 夕食は現地マネジメントの方とご一緒させて頂きました。

 マネジメントの一人は、アメリカの某有名アパレルメーカーのアジア出店戦略の責任者をしていた方で、組織マネジメントには十分な経験と理論をお持ちで、非常に優秀な方でした。

 当日は月曜日でしたが、ほんとうに夜遅くまで街中に活気があり、デパートは22時頃でも普通に買い物そしている人が沢山いて驚きました。

 日本だと間違いなく閉店している時間...。いやぁ凄いエネルギーを感じました。

 余談ではありますが、ホテルまでの帰り道はあえて船に乗り、ゆっくりと香港の夜景を堪能させて頂きました。

 

f:id:SL_Staff:20180129111619j:plain

旧正月が近いため、イルミネーションが徐々に鮮やかになっているそうです)

 事業者Cからは、毎月パフォーマンスの報告は受けており、しっかりとした情報の取得は行っていますが、また一定期間で現地を尋ね、直接状況を目で確かめることも大切にしていきたいです。

 引き続きSmartLendをよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。  

平成28年4月にサービスをスタートし、これまで多くの投資家の皆様のご支援を賜り、お陰様で2度目の新年を迎えることができました。

投資家の皆様にはあらためて心から御礼申し上げます。 

この間、安心・安全なローンファンドの募集を最優先とし、結果、これまでデフォルトはもちろん、利払いの遅延なども一切なく、安定的な運営を行うことができました。

また、昨年4月には、より我々の強みを活かしながら、投資家の皆様の選択肢を増やすべく、小口分散された金融事業に特化したソーシャルレンディングサービスとして戦略の修正を行いました。

その結果、当社を選択していただける投資家の皆様の口座を徐々に増やすことができました。大変うれしく思うとともに、あらためて大きな責任を感じており身の引き締まる思いです。 

ソーシャルレンディングは、世界ではすでに数千億、数兆円の市場となっています。しかし日本ではまだ約1,000億円程度と言われています。一方で、ほぼ金利のつかない預金が約1000兆円もあります。

この数値だけでは一概に言えませんが、日本のソーシャルレンディングはまだまだ認知度が低いか、理解が得られていないのが現状であることは確かです。

我々は、成長の余地が大きいこの分野において、微力ながらも業界の健全な成長と投資家の皆様の信頼獲得のために、地道な努力を重ね、日本経済の発展に貢献してまいる所存です。 

引き続き資金供給者には安定したリターンを、資金需要者にはより成長する機会を提供し、WinWinの関係を構築していけるように尽力して参ります。 

今後ともSmartLend株式会社を宜しくお願い申し上げます。

 

2018年1月

SmartLend株式会社

代表取締役 髙井 幸男

ホームページをリニューアルいたしました!

2017年4月3日に当社代表取締役の高井からご連絡させて頂きました通り、今後当社は、小口分散された金融事業に特化してソーシャルレンディングサービスを展開して参ります。それに伴い、本日ホームページをリニューアル致しました。

新しいホームページでは、今後特化していく融資対象企業の特徴についても詳しく説明しておりますので、是非ご覧頂けると幸甚です。

私たちの取り組みが、必ず選択して頂ける魅力的で安定したサービスであり続けるために、これからも日々邁進して参ります。

今後ともスマートレンドを宜しくお願い申し上げます。

 

2017年4月
SmartLend株式会社 

就任の挨拶

SmartLend株式会社は、平成28年4月にサービスをスタートし、一年が経過するところであります。
この間、慎重かつ安全を最優先とし、多くの投資家の皆様のご支援をいただき、安定的な運営を行うことができました。一方で、この一年間の経験を踏まえ、自分たちが得意とする分野へより集中して取り組みたいと考えるようになりました。

今後当社は、小口分散された金融事業に特化したソーシャルレンディングとして、戦略の方針転換を図りたいと考えております。方針転換にあたり、より強固な体制とすべく、金融分野に長年の経験を持つ私が新代表に就任させて頂いた次第です。

この分野には様々な事情から、ニーズがあるにも関わらず資金がつきにくい状況にあります。これは日本でも海外でも同じ状況にあります。そのような背景で、米国で急成長を遂げたソーシャルレンディングも小口の金融事業であります。小口分散された金融事業は、資産運用の分散投資と同じ考え方で、リスク資産が細かく分散されているため、一度ビジネスモデルを構築できていれば、非常に安定したビジネスといえます。

私たちはこの分野に特化してソーシャルレンディングを行うことで、資金供給者には安定したリターンを、資金需要者にはより成長する機会を提供し、WinWinの関係を構築していけると確信しております。

日本のソーシャルレンディングはまだ規模が小さく、拡大はこれからだと考えております。スマートレンドの取り組みが、必ず選択して頂ける魅力的で安定したサービスであり続けるために、これからも日々邁進して参ります。

今後ともSmartLend株式会社を宜しくお願い申し上げます。

2017年4月
SmartLend株式会社
代表取締役 髙井 幸男