香港視察報告

こんにちは!

スマートレンド運営事務局です。

今年も融資先の香港消費者金融事業を運営する事業者Cへ視察に行ってきました!
毎月細かな実績の共有を受けておりますが、今回は実際に現地へ行き運営状況の確認を行ってきた次第です。

結論から申しますと、取得している情報と、運営の実態には問題なく、引き続き健全かつ安定した運営がされておりました。
むしろ、年々雰囲気が良くなっており、今年の成長計画には非常に期待が持てると感じました。また、新オフィスへ移転し内装がリニューアルされたこと、スペースが大幅に拡大したことなどもあり、社内はとても明るく、昨年に増して活気を感じました。

f:id:SL_Staff:20190220175133j:plain f:id:SL_Staff:20190220175209j:plain
(事業者Cのオフィス。すりガラスの向こうにもオフィスが続きます。広くなりました!)

 事業者Cを対象としたローンファンドは、2月から昨年も実施した運用期間が長めのもの(12ヶ月~18ヶ月)を募集しています。期間を長くご投資頂ける方々には、できるだけ良い配当金利が設定できるのも、運営が健全で高収益体制が維持、継続できているからです。
一方で、昨年実施時よりも、今年の配当金利は、1%下げて募集させて頂いております。これまで事業者Cには約3年間継続的に融資を行い、その間一度の遅延もありませんでした。それを鑑み、事業者Cとの協議の上SmartLendから事業者Cへの融資金利を同率下げたことから、投資家の皆様への配当金利も同率下げさせて頂いた次第です。
今後も継続して融資を行っていく計画ですが、実績を考慮して融資金利を考えて行きたいと思いますので、将来においては投資家様への配当金利を少し下げさせていただく可能性があります。

現在、香港は旧正月明けで、日本でいうところのお正月期間です。飾りも街には残っており、人出も多く賑やかでした。 

f:id:SL_Staff:20190220175302j:plain f:id:SL_Staff:20190220175241j:plain

ちょっと気になったのが、至るところにある豚のオブジェ。
気になったので事業者Cの方に聞くと、「今年は豚年だから」と。豚年!?
そこで調べてみると、干支はアジアの多くの国にある文化ですが、国によって登場する動物に若干の違いがあるとか。ただし、猪が登場するのは日本だけ。
どうも日本に干支が伝わった際に、日本では豚が全くポピュラーではなく、猪に置き換えられたといわれているようです。
(※諸説ある?のですかね。笑) 

視察させていただいた日の夜は、事業者C全社員でのパーティーがあり、ご招待を受けたので参加してきました。
香港では、旧正月明けに企業で決起集会のようなパーティーを開催することが多いそうです。
みなさん明るくて元気!とても楽しかったです。社内の雰囲気の良さがとてもよくわかりました。

話は反れてしまいましたが、融資先が健全で安定した運営がされており、社内の雰囲気も昨年に増して良く、結束感があり、とても安心できました。

引き続き事業者Cの成長に投資家の皆様のお力添えを宜しくお願い致します!